ソリューションのDNA鑑定は出張交通費全国無料で裁判所からの依頼実績もNo.1です

祖父母(祖父母-孫)鑑定

祖父母(祖父母-孫)鑑定

本来は父子の親子鑑定を行いたいが、検査対象男性(擬父)がお亡くなりになっているなどの理由でサンプルのご提供が困難な場合でも、擬父の生物学上の両親(擬祖父母)と母、子(孫)のDNAパターンを比較することによって、祖父母鑑定を行うことが可能となります。

子は生物学上の母と父から1/2ずつDNAを受け継ぎます。その母と父もそれぞれの両親から同じようにDNAを受け継いでいますので、擬祖父母と子の間に祖父母関係(血縁関係)が存在していれば、検査した異なるすべてのDNAローカスにおいて、「子に観察された生物学上の父由来と考えられるDNA型」が擬祖父母のどちらか一方に観察され、祖父母関係(血縁関係)に矛盾する結果は全く得られないはずです。対して、擬祖父母と子の間に祖父母関係(血縁関係)が存在していなければ、検査した最低3ヶ所以上のDNAローカスにて、「子に観察された生物学上の父由来と考えられるDNA型」が擬祖父母のどちらからも観察されないはずです。

祖父母鑑定の鑑定精度は、父子鑑定と同様に、血縁関係肯定の場合99%以上、否定の場合0%(完全否定)の祖父母肯定確率※にて結果を算出できます。子(孫)の母のサンプル提供が正当な理由により不可能であっても、擬祖父母と子(孫)のサンプルのみで鑑定可能となりますが、母のサンプルがあれば、子の持つDNA型で母から子に受け継がれたものを確定させて検査が行えますので、母のサンプルがない場合より祖父母肯定確率を高く算出できます。

以上のように、祖父母鑑定は、擬父が死亡または行方不明によりサンプル採取が不可能な場合の父子関係存否確認のための有効な手段となります。(擬祖父母が擬父の生物学上の両親であることが大前提となります)もしも、擬祖父母の一方からのサンプル提供が困難な場合でも鑑定は可能ですが、鑑定確率の数値保証はいたしかねます。サンプル提供可否の状況によって、兄弟姉妹鑑定や叔父叔母鑑定、その他血縁鑑定と比較、ご検討の上で、最適な鑑定を選定なされることをお勧めいたします。

 

※祖父母肯定確率は、“擬祖父母(鑑定当事者)が子の祖父母になりうる確率”と“一般集団が子の祖父母になりうる確率”を比較した上で、擬祖父母がどれだけ一般集団よりも子の生物学上の祖父母らしいかを確率で示したものです。

sofubo

鑑定書見本

※見本が閲覧できない場合はこちらからご覧ください

DNA鑑定のことならお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5667-4771 受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP