ソリューションのDNA鑑定は出張交通費全国無料で裁判所からの依頼実績もNo.1です

DNAサンプル採取の当事者立ち会いの有無

DNAサンプル採取の当事者立ち会いの有無

DNA鑑定(親子鑑定)を行う場合、まず行わなくてはならないことが、被鑑定者(当事者)からのDNAサンプルのご提供です。
サンプル種類は通常、「口腔粘膜細胞」いわゆる頬粘膜であり、当社スタッフが直接、被鑑定者にお会いして面談方式にて採取いたします。
裁判所からの鑑定嘱託を含め非常に多いケースなのが、母子と検査対象男性がお互い立ち会わず、別々の場所または時間帯で採取をすることです。
様々なご事情があったり、既にお互いが遠方の地域にお住まいの場合などもあり、そのような採取状況が年々増加傾向にあります。
しかしながら、それでもDNA鑑定の信憑性には何ら問題はありません。
DNA鑑定を実施する上で最も重要な要素のひとつが、「サンプルの客観性」をしっかりと立証することです。
どんなに高精度なDAN検査を実施したとしても、使用されたDNAサンプルが本当に本人のものなのか疑われてしまっては、全く意味がありません。
本来、すべての被鑑定者らがお立ち会いの上でDNAサンプルの採取を行うことが望ましいのですが、別々であっても、当社で写真撮影や本人確認書類の保存、当日のご署名及び拇印の押印などの、本人であることの証拠を残し、DNA鑑定書にその書類を添付しますので、家庭裁判所の調停・訴訟などでも(実施するべき被鑑定者を間違えなければ)確実に証拠書類として受理される可能性が高いです。
DNA鑑定(親子鑑定)を行わなくてはならない場合、相手が遠方に住んでいることで鑑定の実施を諦めずに、まずはお気軽にご相談下さい。

※「料金について」「よくある質問」のページもご参照下さい。

DNA鑑定のことならお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5667-4771 受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP