ソリューションのDNA鑑定は出張交通費全国無料で裁判所からの依頼実績もNo.1です

DNA鑑定のよくある質問

  • HOME »
  • DNA鑑定のよくある質問

Q:DNAはからだのどの部分から採取するのですか?

A:DNA鑑定に必要なサンプル(試料)は「口腔粘膜細胞(頬粘膜)」です。
当社のサンプル採取専用スタッフが当事者にお会いし面談方式にて採取します。(全国各地に出張可能)
専用の綿棒で頬の内側を軽くこするだけですので、痛みもなく傷も付かず、生まれてすぐの新生児でも安心してご利用いただけます
また、「毛髪」が一番適切なサンプルであると思われている方がいらっしゃいますが、毛髪はDNA親子鑑定には不向きです。
”子どもとの面会時に毛髪を切ってとってあります”、”自分と子どもの毛髪を送るのでDNA鑑定をしてほしい” など、ご自身で事前準備をなされてから、当社にご連絡をいただくことがあります。
しかし、原則、「毛髪」ではDNA鑑定をお受けすることが難しくなります。
「毛髪」には、DNA鑑定に必要な正常かつ十分な量のDNAが含まれておりません。
特に、途中から切った先端や中間部分の髪の毛では不可能です。
毛根が目視できる程度残っていて、直接引き抜いた5本前後の本数があればDNAの抽出が可能かもしれませんが、当社では、毛髪サンプルではサンプルの客観性を立証できないため、個人からのお申し込みを受け付けておりません。
他方、「だ液」を使ってDNA鑑定を行いたいという方も多く、”子どものだ液を綿棒でぬぐったものがあるので鑑定をしてほしい” などのお問い合わせをいただきますが、厳密に言えば「だ液」では鑑定はできません。
DNA鑑定に最適なサンプル種類は「口腔粘膜細胞」であって、「だ液」ではありません。
分泌液である「だ液」そのものにはDNAは含まれておらず、あくまでも、頬の内側の脱落細胞、粘膜細胞の中にある核からDNAを抽出します。
※詳細は、「DNA鑑定に用いられるサンプルの種類」をご参照下さい。

Q:火葬された「遺骨」サンプルを使用してDNA鑑定はできますか?

A:火葬された遺骨からは、その故人を特定できるDNAを抽出することは極めて困難で、実質上不可能となります。
DNA鑑定を行うためには、細胞の中の核に存在する核DNAを抽出する必要があります。
ところが、この「核」は、細胞の中にひとつのみしかなく、日本の火葬場での千数百度の高温では容易に破壊されてしまいます。
細胞に数千から数万個存在するミトコンドリアがもつDNAであれば高温にさらされても生き残る場合がありますが、こちらは母性由来のDNAしかなく、また、突然変異の可能性が比較的多く観察されるので、通常のDNA血縁鑑定には、核のDNAほど適していません。
現在のDNA抽出技術では、遺骨を使用してのDNA鑑定は断念せざろう得ないのが実情です。
ただし、兄弟姉妹鑑定叔父叔母鑑定祖父母鑑定などで亡くなられた故人に関係するDNA鑑定が代用できる可能性も残されています。
また、火葬の前に安置されているご遺体からサンプル(試料)を採取して、サンプルの客観性を保ったままDNA鑑定を行うことも可能です。
(ご遺体の状況などによってケースが異なります。)
お客様の状況によってDNA鑑定が可能な場合もございますので、些細なことでもお気軽にお問い合わせいただき確認をなさってください。

Q:サンプルが「毛髪」や「血液」、「口腔粘膜」など種類の違いで鑑定精度に差はないの?

A:サンプルが毛髪、血液、口腔粘膜など種類の違いによって、鑑定結果(鑑定精度)に影響を及ぼすことは全くありません。
人の体を形づくる約60兆個の細胞の中には、すべてに同じDNA個人情報が存在しています。
体のどの部分から採取したものでも、DNA鑑定をするために十分な量の正常なDNAが抽出できればDNA鑑定は可能です。
また、生まれたばかりの新生児からお亡くなりになるまで、ひとのもつDNAは、育った環境や病気などの外部要因によって変化することはなく、一生涯不変です。
当社では、私的や公的の使用目的にかかわらず、また、個人情報の虚偽申告・悪用・無断使用を防ぐために、原則、面談方式にて本人確認をし、口腔粘膜細胞(頬の内側の粘膜)を専用綿棒にて採取させていただいております。
※詳細は、「DNA鑑定に用いられるサンプルの種類」をご参照下さい。

Q:生まれてすぐの新生児でもDNA鑑定はできますか?

A:はい、新生児(赤ちゃん)が生まれたその日からDNA鑑定は可能です。
新生児であっても、その個人が持っているDNA情報は一生変わりませんので、鑑定の精度に影響を与えるものではありません。
ご提供いただくサンプル(試料)の種類は「口腔粘膜細胞」となり、口の中の頬粘膜を専用綿棒(4本)で軽く20回程度こするだけで採取できます。
痛みもなく、傷もつかず、採取にかかる時間は1~2分です。
(サンプル採取全体の手続きにはお一人様あたり20分程度の時間をいただきます。)
生後2~3ヶ月のお子様なら、口の中をくすぐられるので笑い出す子もいらっしゃるほどです。
採取綿棒は、柄の長さが市販されている綿棒の2倍くらいで、滅菌パックされたものから取り出して使用しますので、お子様でも安心、安全にご利用になれます。
出産後4~5日は産婦人科病院に入院されていますので、退院してからご自宅やご実家、弁護士事務所、レストランの個室などを採取場所としてご指定される方が多いですが、病院の許可さえいただければ病室にて採取することも可能です。
お客様のご希望の場所まで、全国のお近くのサテライト【札幌|盛岡|仙台|栃木|東京|名古屋|大阪|広島|高松|小倉|福岡|鹿児島】からスピーディにお伺いいたします。

注)お子様が生まれてすぐに実施するDNA鑑定の場合は、出生届で出される予定の新生児のお名前を確定していただく必要があります。出生届未了でもお受けは出来ますが、氏名不詳ではご本人確認が不十分となり鑑定を承ることが出来ません。また、申請された子の氏名を鑑定後に変更して出生届を提出なされた場合は、鑑定書の効力が失効する可能性がありますので十分にご注意ください。

Q:サンプル採取は、全国どこへでも出張してもらえるのですか?

A:はい、全国どこへでもご希望の場所まで出張することが可能です。
全国に設置されたお近くのサテライト
【札幌|盛岡|仙台|栃木|東京|名古屋 】
【大阪|広島|高松|小倉|福岡|鹿児島】
より出張採取いたします。※
※サテライトは、全国からのサンプル採取に対応するために設定した出張拠点であり、特定の事務所は設けておりません。サテライト担当スタッフが各地区に常駐し、迅速な出張採取体制を整えています。
採取場所は、ご自宅、ご実家、法律専門家事務所、貸会議室、コミュニティセンター(会議室)、レストラン(個室や半個室)、喫茶店、ホテル(客室やラウンジ)などで承ることが可能です。
また、採取場所として適切ではない環境の条件がございます。
採取場所が不明確になる恐れのある、または採取に著しく支障をきたす恐れのある場所です。
例えば、採取場所として所在地が不明確な車や電車の中、駅のプラットホーム、屋根のない公園、図書館・役所などの公共施設内(公共スペース)などが該当します。
サンプル採取で当日に行うことは、写真の撮影、身分証明書のご提示、口腔内のサンプル採取、署名及び拇印となりますので、あまり人目の気にならない場所をお勧めいたします。
採取手数料として20,000円(税込)をいただいておりますが、交通費は全国無料です。
(関東地方・山梨は採取手数料が無料です。)
(沖縄及び一部離島は規定の定額交通費のご負担をお願いしています。)

DNA鑑定費用(料金)についてのページもご参照ください。
※採取に関しては、DNA鑑定と対面採取の重要性のページもあわせてご参照下さい。
ケースにより異なる場合もございますので、詳しくはお電話(03-5667-4771)にてご質問下さい。

Q:サンプル採取を母子と男性で別の場所(別の日)で行いたいのですが?

A:はい、可能です。
サンプル採取は、被鑑定者すべての皆さまがお立ち会いの上で行われることが理想ではありますが、実際には裁判所からの嘱託依頼であっても、様々な事情で、母子と男性の採取を別の日または別の場所で実施することが非常に多いです。
それを可能にしているのが、当社によって「サンプルの客観性」を十分に立証し、DNA鑑定結果と共にサンプル採取の記録を残していることが挙げられます。
採取当日には、被鑑定者の写真を修正不可能なインスタントカメラで撮影し、サンプル採取記録書とともにご署名と拇印をいただきます。
また、医師や弁護士・行政書士を含む法律専門家などの有資格者であっても、被鑑定者や鑑定当事者と利益関係または利益相反関係の疑いが少しでも生じる可能性のある者がサンプル採取を行うことは一切認めておりません。
当社の認定鑑定代理人による完全なる公平・中立な立場ですべてのDNA鑑定が実施されています。
DNA鑑定は、科学的根拠に基づく正確な結果を算出することと同じくらい、鑑定の再検証が十分可能な「サンプルの客観性」の証拠を留めることが重要です。
当社のDNA鑑定をお申し込みいただいた皆さまにおかれましては、様々な事情によって被鑑定者同士がお立ち会いができずに別々にサンプル採取を行う場合であっても、サンプルの客観性とその鑑定結果の信憑性について責任を持って対応させていただきます。
※サンプル採取を別の日や別の場所などで実施する場合、基本鑑定料金の他に別途オプション料金をご負担いただく場合がございます。
※詳細は、DNA鑑定費用(料金)についてのページをご参照ください。

Q:鑑定結果(鑑定精度)はどのようにでますか?

A:鑑定を受けた男性が生物学上の父である場合、父権肯定確率は99.999%相当にて算出され、父でない場合は0%(100%完全否定)にて鑑定結果を算出しております。※
当社のDNA鑑定は、すべて ‘デュアルプロセスシステム’(完全独立した2つの鑑定グループによる2度の鑑定を実施。検査箇所9-22ヶ所または必要に応じそれ以上、PCR法)を採用し、最速かつ高精度な鑑定に努めています。
また、DNA型の突然変異の可能性が見受けられる場合でも、検査箇所を可能な限り追加するなどを施し、正確な鑑定結果を算出するために最善をつくします。(追加料金はいただきません。)
※(正当な理由により母のサンプルが提供できない場合でも、父かどうか検査される男性と子のサンプルのみでDNA鑑定が可能です。
母のサンプル提供がない場合は、肯定の場合の父権肯定確率が99.9%相当に若干低くなることがありますが、否定の場合は同じく0%の完全否定となります。)
※ブログ、DNA親子鑑定結果の肯定or否定?のページもあわせてご参照ください。

注)当社では、正確な鑑定結果を算出するため、DNA鑑定お申込み時に、必ず‘’ 「父と疑わしき男性ら(擬父)」同士に兄弟等の血縁関係があるかどうか‘’をお伺いしております。擬父らが実兄弟である場合は、通常検査に加え、以下の追加検査を原則無料(別途採取料・交通費が発生する場合は免責)にて実施します。(1)2人の「父と疑わしき実兄弟ら(擬父)」からサンプルをご提供いただき、同時に2鑑定の父子鑑定を実施する。(2)父子関係に矛盾する結果が得られない[父子関係の存在を否定できない]場合、通常の一般集団男性と比較した擬父の父性確率の算出に加え、”擬父が子の父になりうる確率”と”擬父の近親者(兄弟等)が子の父になりうる確率”の比(倍率)を求め、より精密な鑑定結果を導き出す。(鑑定書への表記方法は一任させて頂きます。) 一方の擬父がサンプル提供拒否、死去等の理由により(1)が不可であれば(2)を実施します。追加検査を原則無料とさせていただいているのは、当事者への料金的追加負担を理由として技術上最善の鑑定方法が不可能になることを防止するためのサービスです。

Q:鑑定期間(日数)はどれくらいですか?

A:鑑定期間(日数)は、サンプル採取日からお客様のお手元にDNA鑑定書が届くまで約10-15日間です。(父性鑑定の場合)
採取場所及び採取時刻等により配送日数が異なるため、鑑定期間に開きが生じます。DNA鑑定の実施日数は(土日祝日を含まない)2-3営業日です。
※当社では誇大な表記や説明を防ぐために余裕を持った鑑定日数を表示しており、状況によっては7日間程度でDNA鑑定書をお渡しできる場合もございます。
(鑑定日数の指定はいかなる場合もできかねます。)
DNA親子鑑定は、裁判所での親子関係の存否確認や入国管理局での在留資格取得のため、または、当事者同士の血縁関係確認による様々な問題の解決などに幅広く利用されております。
調停期日や在留期限、子の出生届けの提出期限などの理由で、なるべく早くDNA鑑定書が欲しいと希望なされる方々のために、お客様のご希望をお伺いし、できる限りご要望にお応えできるよう努めておりますので、是非、お気軽にお電話(03-5667-4771)にてお問い合わせ下さい。
※ブログ、最速のDNA鑑定期間もあわせてご参照ください。

Q:DNA鑑定(分析)はどこで行いますか?

A:アメリカのオハイオ州のDNAテクノロジーパークにある DNA DIAGNOSTICS CENTER で行います(通称DDC)。
DDCは多くの鑑定実績を持ち、米国血液銀行協会やNY州保健局などから認定を受けている最大手のDNA鑑定機関のひとつです。
徹底した鑑定精度へのこだわりと、完全な個人情報の管理体制は、世界中のどの研究所よりも極めて高いレベルが維持されており、最高のDNA鑑定書をお客様にご提供する上で、国内、国外に研究所があるなし以前にこの選択の他にございません。
当社の発行するDNA鑑定書は、鑑定精度を高めることを最優先に考えるDDCの分析結果のみを採用し、他のコスト偏重の安易な分析を行うような研究機関は一切利用しておりません。

Q:DNA鑑定書は裁判の資料として使うことはできますか?

A:原則、ご使用頂けます。当社が発行するすべてのDNA鑑定書は、国内外のガイドライン基準に準拠した高いレベルのものとなっています。
(郵送で採取キットを送付し簡易鑑定を行う、いわゆる私的鑑定は行っておりません。)
裁判所の調停・訴訟等にて参考資料としてDNA鑑定書を利用される場合には、公平な第三者の立ち会いにより採取されたサンプルで鑑定が実施され、その証拠をしっかりと残す必要があります。
当社スタッフ【認定鑑定代理人】が、全国ご希望の場所へ伺い面談方式にてサンプル採取を実施し、すべてのDNA鑑定書に採取記録書を添付しており、「サンプルの客観性」を最高レベルで立証いたします。
「郵送でのDNA鑑定」と「子の母の同意確認」も併せてご参照下さい。

※裁判所の調停・訴訟等でDNA鑑定書を利用する場合、調停・訴訟申立先の裁判所や担当になった審判官によって、その取扱い方が異なる場合があります。個人または弁護士等の法律専門家のお申込みによって調停・訴訟の前に作成されたDNA鑑定書は、「任意の参考資料」としてその有効性は裁判所の判断に委ねられます。裁判所から鑑定会社への直接委託(鑑定嘱託)や、調停・訴訟中に裁判所了承の上での任意委託が必要となるケースがありますのでご注意下さい。(当社以外のいずれの鑑定会社を利用する場合でも同様の事象が起こりえます。)
当社のDNA鑑定書は、ご依頼者や使用目的に関わらず、すべて同一品質のDNA鑑定書をおつくりしていますが、上記内容を十分にご理解いただき、お客様の問題解決のために、より良い手順を踏まれることをお勧めいたします。
※当社では、DNA鑑定のお申し込みに際し、裁判所又は法律専門家(弁護士・司法書士等)への事前相談をお勧めしています。

Q:DNA鑑定をして他人に秘密を知られることはありませんか?

A:個人遺伝情報を取り扱う業務上、守秘義務に基づき、情報の漏洩の防止には万全を期しています。
また、当社は、2007年(平成19年)2月に、経済産業省個人遺伝情報保護ガイドラインに即し設置された(一財)バイオインダストリー協会個人遺伝情報取扱審査委員会※より、DNA親子鑑定事業の事業認定を受け、適正な個人遺伝情報の管理及びDNA鑑定の実施が認められております。

*個人遺伝情報取扱審査委員会は、平成17年4月に施行された「経済産業分野のうち個人遺伝情報を用いた事業分野における個人情報保護ガイドライン」に基づき、平成17年6月に(一財)バイオインダストリー協会内に設置され、事業者から申請を受けた事業における個人遺伝情報の取扱いについて、科学的、倫理的、法的、社会的、技術的観点から審査を行う。

DNA鑑定は、お問い合わせをいただいてから鑑定の終了、保管に至るまで、厳重な管理のもとに行っていますので、外部に漏れる可能性は一切ございません。

Q:提供した個人情報のDNA鑑定終了後の取り扱いは?

A:当社では、ご依頼いただいたDNA鑑定の終了後、お客様の個人情報(個人遺伝情報を含む)を5年間保管及び管理させていただいています。
5年間という期間には理由があり、通常、裁判所では、調停成立または終了後、その後の問い合わせなどに対応できるようにその資料は5年間保管されます。
当社では、お申込者の如何に問わず、DNA鑑定書が調停などで使用されることを前提に、鑑定の再検証などを考慮し迅速な対応ができるよう、その期間に準じて保管期間を同じ5年間としています。
DNA鑑定は単に鑑定結果を出せばよいわけではなく、その後にサンプルの客観性や結果の信憑性を立証できるよう万全たる資料を残すことも非常に重要な要素と考えます。
皆さまには、ご理解・ご了承の上でDNA鑑定をお受けいただきますようお願いいたします。

Q:分割払いはありますか?

A:急にDNA鑑定が必要になったとき、突然の出費は支障を来す場合があります。
当社では、サンプル採取実施前に規定金額、総鑑定料金の約1/2をお支払い頂き、残りの金額をDNA鑑定書発送前までにご入金くだされば2分割払いが可能です。
(分割事務手数料として2,000円のご負担をお願いしています。)
鑑定期間の短縮化によって、サンプル採取完了時から鑑定書送付まで約10日から15日程度となっておりますので、第1回目のご入金から第2回目のご入金まで、おおよそ1〜2週間の期間となります。
(第2回目のご入金期日はご相談に応じますが、総鑑定料金の完済が確認できてからの鑑定書発送となります。)
サンプル採取を早めにお済ませになりたい場合などにご利用ください。
ケースによりご相談に応じますので、詳細はお問い合わせ下さい。

DNA鑑定はその利用目的や参加できる当事者によって様々なパタ-ンが想定されます。
皆さまに最適なDNA鑑定、またDNA鑑定料金のお見積もり等をお電話、Eメールにてアドバイスいたします。

DNA鑑定のことならお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5667-4771 受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP