ソリューションのDNA鑑定は出張交通費全国無料で裁判所からの依頼実績もNo.1です

血縁(叔父叔母-甥姪)鑑定

本来、父子鑑定を行いたいが、擬父(検査対象男性)のサンプル提供が死亡などの理由で不可な場合でも、擬父の生物学上の両親を同じくする兄弟姉妹や親、子とその母のDNA型を比較することによって、血縁鑑定(叔父叔母鑑定など)を行うことが可能です。

DNAローカス(特定部位)にて子に観察される2つのDNA型の内、その実母と一致した(実母から受け継がれた)DNA型を排除した残りのDNA型は、その子の生物学上の父由来のものです。実母からのサンプル提供が何らかの事情で不可能であり、実母由来のDNA型が特定できない場合は、子に観察された2つのDNA型のいずれか一方が父由来のものであることを考慮し分析を行います。

しかしながら、擬父のサンプル提供がない血縁鑑定においては、直系の鑑定である母性鑑定や父性鑑定と明らかに異なる注意点があり、同じDNAローカスにて被鑑定者らに観察されたDNA型が一致しなくとも、血縁関係がある可能性から完全には排除することができません。遺伝子学上の理由(メンデルの法則)により、たとえ血縁関係がある者同士であっても、すべてのDNAローカスにおいて同じDNA型を共有しているとは限らず、DNA 型が一致しない箇所が観察される場合があり、その場合でも、血縁関係がある可能性は残されることになります。

検査では、亡擬父の血縁関係者らと子との間で、DNA型の一致が観察されなかったDNAローカスが出現した場合には、その出現頻度から算出された血縁関係指数に準じた割合を排除し、DNA型の一致が観察されたDNAローカスが出現した場合には、限られたDNA型パターン中の血縁関係がない中での偶然による一致の可能性や、血縁関係がある中での必然による一致の可能性をそれぞれ考慮し、亡擬父の血縁関係者らと子との間に血縁関係がない可能性と比べて何倍血縁関係があるらしいのかを分析しています。

よって、擬父のサンプル提供がない血縁鑑定では、その肯定確率を100%の完全肯定または0%の完全否定で算出することはいかなる場合も不可能となりますが、それぞれのDNAローカスにおけるDNA型の出現頻度により、血縁関係指数及び血縁関係肯定確率を算出し、その肯定確率から血縁関係の確からしさを評価しています。

血縁関係肯定確率は、亡擬父と血縁関係者らとの間におけるDNAの共有の仕方と、亡擬父と子との間におけるDNAの受け継がれ方によって大きく左右されます。

鑑定結果は、大きく区分すると以下の3通りのいずれかにて算出されます。

① 血縁関係肯定確率が90%超にて算出

血縁関係肯定確率が90%超で算出された場合、「亡擬父は子の父らしい」と考えられます。亡擬父の血縁関係者らと子の両者とも非常に稀なDNA型を共有していることが確認できれば、亡擬父が子の生物学上の父である可能性が高い、と推定するに及ぶ高い血縁関係肯定確率が算出されると思われます。

②血縁関係肯定確率が10%以上90%以下にて算出

血縁関係肯定確率が10%以上90%以下で算出された場合は、「亡擬父が子の生物学上の父であるかどうか決定的ではない(分からない)」と考えられます。仮に血縁肯定確率が非常に10%や90%の数値に近い場合でも、その範囲に留まる限りにおいては、実施された鑑定からは生物学上の父であるかどうかは決して判断できないということです。

③血縁関係肯定確率が10%未満にて算出

血縁関係肯定確率が10%未満で算出された場合、「亡擬父は子の父らしくない」と考えられます。

以上のように、擬父のサンプル提供がない血縁鑑定(叔父叔母鑑定など)では、検査に最善を尽くしたとしても、必ずしも決定的な肯定確率にてお出しできるとは限りません。よって、擬父のサンプル提供が困難な場合の、次に優先される手段として血縁鑑定(叔父叔母鑑定など)をご検討下さることをお勧めいたします。

 

uncle

DNA鑑定のことならお気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5667-4771 受付時間 9:00~17:30(土・日・祝日除く)

PAGETOP